住宅と店舗の新築・リフォーム・リノベーション,浜松市の設計工務店アラン

2016年12月24日

ねこと快適に暮らす家(ペットと暮らす家づくりにお悩みの方へ)

, , ,

s__3997743-1

こんにちは、浜松の設計工務店アランです。さて、世の中は空前の猫ブーム。犬を飼う人より、猫を飼う人の方が多くなったそう。今日はそんな大人気の猫と暮らす家についてご紹介したいと思います。

 

お話を伺ったのは、2年前にアランで新築させていただいた住まい手の鈴木さん。ヴィヴィちゃん(女)とココちゃん(男)という二匹の猫と暮らしています。(住まいの写真をご覧になりたい方はこちら

 

ここで猫が一生を終えることができたらいいなと思った

もともと猫が好きだった鈴木さん。二匹を飼い始めたころは賃貸アパートに住んでいたそうですが、「何度も転々とするのがかわいそう」と、一念発起して家を建てることにしたのだそう。「ここで猫が一生を終えることができたらいいと思った。」と語る言葉が印象的な鈴木さん。猫のための「終の棲家」だなんて、ヴィヴィちゃんココちゃん幸せ者!

001-2

人にやさしい素材は、動物にもやさしい。

鈴木さんが一番こだわったのが、天然素材。「中根さん夫妻が動物にもやさしい天然素材をすすめてくれました。動物がいると、家が傷みやすいというイメージがあったのですが、無垢の木の家についた傷みはあとからなおすことができると聞いて、納得して選ぶことができました。」と鈴木さん。

 

杉の天然消臭効果?!臭いがまったく気にならない。

Jパネル構法の鈴木邸は、無垢の杉板にかこまれているような構造です。そのおかげなのか、初めて家に来る人に「動物の臭いがしないね」と言われることが多いそう。実は猫はとっても綺麗好きな動物。明るく、臭いのしない家は猫たちも気持ち良いみたい。

s__3997744

畳1枚分の猫専用スペースが、快適のポイント。

キッチン奥の1畳分の収納スペースに、食事コーナーにもなるカウンターと、水飲み場の蛇口&シンクをつけることを提案しました。水飲み器はオーバーフロー機能付(容器の上部に設置してあふれた分を排出するための配管のこと)に。雫が落ちる程度の水を出しっぱなしにおくと、猫たちはいつでも新鮮な水を飲むことが出来ます。カウンター下は排泄スペース。2階で食事をとり、1階で用を足す。そんな猫専用のコンパクトなゾーニングは、猫たちにも飼い主にも好評でした!こちらは新鮮な水を飲むヴィヴィちゃん。

「やっちゃだめ!」からの解放。猫も私ものびのびと。

アパートに住んでいた頃と比べて何か変わりましたか?と鈴木さんに聞くと「やっちゃだめということがなくなった」と即答。木の家は経年変化でちょっとしたキズも表情深くなっていくし、どうしても気になるなら後からなおすことができる。家を建てる前にしっかり説明を受けていたことで、安心感があるといいます。二匹の猫たちは壁バリバリはしないけれど、やっぱり走ると床に小さなキズはつきます。でも、人間だってものを落としたり爪を引っ掛けたりしてしまうもの。鈴木さんは、猫たちとの生活でできた小さな爪痕をおおらかな気持ちで受け止めているようです。

 

これから猫と暮らす家を建てようと考える方へ。

最後に「猫と暮らす家を建てようと考える人にメッセージを」とお願いしたところ「動物を飼っていると、新しい家が傷つくんじゃないかと心配になることもあると思います。が、きちんと家づくりをお願いする人と話をしてみると良いと思います。私は木の家、天然素材を選んで良かったと思っています。」とメッセージをいただきました。木は劣化ではなく、熟成されていきます。天然の木でできた家は、やがて古民家になるように味わいを増していくのです。生活でできる小さな爪痕も愛しい猫たちとの暮らしのたまもの。鈴木さんは、天然の杉の木でできた家で、大らかに大らかに暮らしているようです。

《猫好き必見おまけ動画》

自分でドアを開けるヴィヴィちゃんにびっくり!

アランへ家づくりのご質問やご相談等、
お気軽にご連絡くださいませ。

ALAINに関するお問合せはこちらから

ALAIN

住宅・店舗設計施工 有限会社アラン
〒430-0906 静岡県浜松市中区住吉2-33-27
TEL 053-474-7400 / FAX 053-474-7410
E-mail:info@alain.co.jp